太陽光事業

2012年7月から開始された全量買取制度により遊休地を自家発電として活用する新たな事業が注目されています。
山間部など利用方法が見当たらない土地でも方角や周囲の環境次第では収益物件になる可能性もあります。

太陽光発電システムを設置し自家発電所として運営するのはもちろんのこと、用地だけを貸したいといったご要望にもお応えします。
遊休地ご利用のご相談は弊社までお気軽にご相談くださいませ。

太陽光システムを設置導入する事で確実に売電収入が毎月20年間電力会社から振り込まれます。

既存の土地を不動産ではなく太陽光ビジネスに利用する事が可能です。
太陽光ビジネスは設置した翌日から売電収入が電力会社から振り込まれ、それが20年間続く事が政府によって保障されています。
太陽光パネル事業で土地の再利用も簡単です。

不確定な投資よりもリスクが低く確実に収入へ繋がります。